リレンザを使ってみよう

せきをする女性

季節性のインフルエンザに感染した場合、治療薬としてリレンザやタミフルといった抗インフルエンザ薬が処方されます。
この2つの薬の他にラピアクタやイナビルがありますが、医療機関で多く処方されるのはリレンザとタミフルです。
リレンザは副作用が比較的少ない薬です。吸入する薬のため、うまく吸うことができない小さい子供にはタミフルが処方されます。
また、タミフルに比べ、10代の子供が使用しても異常行動が起こる確率が低いです。
メリットとしては薬を吸うため、気道の粘膜についているウイルスに直接薬を吹きかけることができる点があげられます。
インフルエンザウイルスは粘膜で増殖していくので、直接薬を吹きかけることによりウイルスの増殖をいち早く抑え込むことができます。
そのため、倦怠感や発熱を比較的早くに軽減することができます。
この他メリットとしては、リレンザ耐性のウイルスがまだ存在していないことがあげられます。
タミフルの場合はタミフル耐性型のウイルスが確認されており、タミフルを使用しても効かないことがあります。
リレンザはそのようなことがないので、効果を確実に感じることができます。
リレンザを使用すると2日ほどで症状が軽くなり、食欲も出てきます。
ですが、ウイルスの増殖を抑えただけなので、必ず使用を続けるようにしましょう。
続けないと再び症状が出てくることがあります。
また、気管支が弱かったり、喘息があったりする場合は気管支けいれんを起こす可能性があります。
喘息の吸入薬を使用している場合は喘息の薬を使用してからリレンザを使うようにすると気管支への影響が少なくて済みます。
この他、異常行動は少ないとはいえ全くないわけではありません。
異常行動はインフルエンザの影響と考えられているので、リレンザを使用している間は注意深く生活をするようにします。